チャット占いは当たるのか、当たらないのか?

チャット占いは本当に当たるのか?

近年はスマホの普及に伴って、いつでもどこでも手軽に利用できるチャット占いの人気が急上昇しています。

しかし、「文字だけの鑑定で本当に当たるの?」と半信半疑に思う人や、「チャットは占い師の顔や声が分からないから不安・・・」と感じている人も多いのではないでしょうか。

チャット占いは文字だけで手軽にやり取りできる反面、直接占ってもらっているという実感を得にくいため、鑑定の質に不安を感じるのも無理はありません。

加えて、チャット占いは最近浸透し始めたばかりなので、20年以上前から存在している電話占いと比べると、鑑定経験の豊富な占い師が在籍しているチャット占いはまだ多くありません。

しかし、占いが当たる時と当たらない時があるのは、対面や電話でも同じことなので、「チャット占いだから当たらない」という考えは偏見に過ぎません。

最近はチャット占いを導入するサービスが新規・古参を問わず増えており、今まで対面・電話で鑑定を行ってきたプロの占い師達も、続々とチャットに対応し始めています。

チャット占いも他の占いと同様に、できるだけ鑑定歴が長く、口コミで評判の良い占い師を選ぶようにすれば、鑑定の質に大きな不満を感じることはないでしょう。

チャット占いの欠点を強いて挙げるとすれば、お互いの表情・声・仕草を確認できないため、意思疎通に多少の不便さを感じたり、占い師との距離感が遠いと感じたりする点です。

それでも、多くのチャット占いサービスでは、占い師の顔写真を確認できるほか、必要に応じてビデオ通話・電話・メールも利用できるので、チャット占いに不安を感じたら他の方法で相談することもできます。

また、チャット占いに特化したサービスでは、事前にお悩みの内容をカルテに記入するシステムや定型メッセージ機能などを導入して、占い師との意思疎通がスムーズに図られるよう工夫してあります。

他の記事では、おすすめの当たるチャット占いも紹介しているので、チェックしてみてください。

チャット占いが当たらない3つの原因と対処法

チャット占いが当たらない3つの原因と対処法

占い師のアドバイスにしたがった行動をしていない

チャット占いに限らず、全ての占いは、あくまで「将来起きる確率が高い」出来事を予測するものであって、鑑定結果が100%的中するわけではありません。

有名な占い師でも的中率は6割~7割と言われており、占いが当たっていたとしても、相談者の行動次第で結果が変わる可能性は十分にあります。

自分の願いを実現させる方法の一つに、占い師のヒーリングや祈願に頼って運気の流れを好転させるという方法がありますが、最終的に現実を変えられるかどうかは、相談者自身の意志と行動にかかっています。

「当たる」と評判のチャット占い師に相談しても、良い結果を聞いて満足するだけで、占い師のアドバイスにしたがって行動しなかったら、その結果が実現するチャンスが訪れることはないので、「当たらない」と感じてしまうのです。

よって、「チャット占いは当たるのか、当たらないのか?」という点にこだわるよりも、「自分で現実を変えるには、どんな行動をすれば良いのか?」に意識を向けることが重要です。

占い師を選ぶ時も、占いの的中率以上に、「現実的かつ具体的なアドバイスをくれるか?」「前向きに行動できるようサポートしてくれるか?」といった点を重視しましょう。

ただし、「私の言う通りにしなければ彼と破局します」と脅されたり、「今すぐ除霊をすれば絶対に復縁できます」と売り込んできたりする悪徳占い師には注意してください。

占い師が自分の運命の決定権を握っていると盲信するのではなく、「自分の未来は自分自身で変えられる」と信じることが大切です。

また、鑑定結果を100%鵜呑みにするのではなく、現状の問題点や新しい視点に気づくためのツールと考えれば、結果に一喜一憂することがなくなり、占いを上手に活用できるようになります。

占い師との意思疎通が上手くできていない

チャット占いは文字でしかやり取りができないという制約があるため、対面や電話で話すのと比べると、占い師に細かなニュアンスを伝えるのが難しいということになります。

また、文字数に応じた従量課金制のチャット占いでは、料金を節約するために文字数を減らしすぎてしまうと、相談内容が正確に伝わらなくなります。

チャット占いに慣れないうちは、自分の悩みを必要最小限の文字数で説明したり、知りたい内容を的確に伝えたりすることが難しいと感じるかもしれません。

また、占い師との相性が悪いと、会話が噛み合わなかったり、アドバイスを素直に受け止められなかったりするので、「当たらない」と感じることが多くなります。

占い師の実力が申し分なくても、チャットで上手く意思疎通ができていなければ、占いの的中率が下がったり、アドバイスが見当違いになったりしてしまいます。

相談内容を文字だけで上手く伝えるには、文字数を減らしすぎず、今の状況や知りたい内容をはっきりと具体的に書くことが大切です。

例えば恋愛運や出会いについて知りたいなら、「出会いはいつ?」「相手の見た目・性格は?」といったように短文でも明確に伝わる文章にすると、占い師としても的確な回答を返しやすくなります。

長文での説明を要する複雑な悩みに関しては、チャットのみで全てを伝えることは難しいので、電話占いやメール占いを利用することをおすすめします。

まだチャット占いに慣れていない場合は、言いたいことを明確に伝えられるように、あらかじめ相談文を下書きして推敲しておくと安心です。

また、占い師に隠し事をすると正確に占ってもらうことができないので、人には恥ずかしくて言えない内容でも、包み隠さず伝えるようにしましょう。

チャットならお互いの顔と声が分からない代わりに、プライバシーがしっかり保たれる安心感があるため、不倫や浮気といった秘密の悩みも気兼ねなく打ち明けられます。

占い師の得意分野と相談内容にズレがある

占い師にはそれぞれ得意とする占術や相談の種類があり、占い師の得意分野と相談内容が合っていなければ、納得のいくアドバイスを得られないことがあります。

例えば、占星術などの「命術(出生情報を元に占う方法)」が得意な占い師は、持って生まれた性格や運命の傾向を占うことはできますが、「彼の気持ち」や「告白が成功するか」といった目の前の事柄を占うことは不得手です。

チャット占いで相談を始める前に、まずは「何を占ってほしいか?」を明確にして、相談内容に適した占術を得意にしている占い師を選ぶようにしましょう。

以下で、悩みの種類(占いたい内容)別に、おすすめの占術を紹介します。

占いたい内容 おすすめの占術
自分や好きな人の特徴(性格、行動の癖、恋愛傾向、適正・適職など) 西洋占星術、四柱推命、数秘術、手相、人相など
恋愛・復縁成就(好きな人の気持ち、相性、今取るべき行動など) タロットカード、霊視・透視、思念伝達、オーラリーディング、祈願・祈祷、縁結びなど
結婚(出会いの時期や場所、結婚相手の特徴など) 西洋占星術、四柱推命、タロットカード、霊視・透視、オーラリーディングなど
運勢・開運方法(総合運、恋愛運、仕事運、金運など) 西洋占星術、風水、九星気学、算命学、手相など
人生の転機や重要な決断(転職、起業、出産、引っ越しなど) 九星気学、方位学、姓名判断、タロットカード、四柱推命など