【トレンドサーチ】環境配慮が購買行動に与える影響とは?

お役立ちコラム

こんにちは!OEC 事務局です。

お久しぶりの「トレンドサーチ」!

今回は…

環境配慮が購買行動に与える影響

について、ご紹介します。

カルチュア・コンビニエンス・クラブの関連会社である、

CCCマーケティング総合研究所が、以下のような調査の結果を公表しています。

「環境配慮は社会参加の第一歩か」

https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-59

今年6月ごろに行われた年代別意識調査結果から、環境に対しての意識に注目した内容になっています。

若者は2極化、年代が上がるほど環境意識は高い結果に

環境への配慮についてサイト内のグラフを参照すると

面白い結果といえるのではないでしょうか。

若者、とくに10代は環境問題への意識が高い一方、20代~30代は関心の高い層、低い層の割合が拮抗しています。

関心は低いけど、環境は大事だよね、という意識

これを踏まえて次のグラフを見ると、全世代において

「行動はするべき」

と応えている層が大半を占めていることがわかります。

あんまり興味はないけど、社会の流れとして感じているということでしょうか。

その他にも、いくつかの興味深いグラフを読むことができます。

ぜひ、引用サイトを一読してみてください。

みんな、環境への配慮の機会を探している?

関心は薄いけども、社会が、世界が環境を大事にする方向に進んでいるのは理解している。

行動もするべきとは思うけども。。。

という調査結果が示すのは、もしかしたら、

「環境へ配慮するチャンスがあれば、積極的に参加する」

という潜在的な意識かもしれませんね。

社会全体の流れとして浸透しつつある、SDGsを始めとした環境配慮。

イーコマース活動にもうまく組み込むことができれば、

新しい購買活動を開拓できるかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~

今回は以上です!

それでは、次回のトレンドサーチを、お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました