【トレンドサーチ】ECサイトに存在する分析ツールの重要性について!

お役立ちコラム

こんにちは!OEC 事務局です。

今回の「トレンドサーチ」・・・

ECサイトに存在する分析ツールの重要性について!です。

Yahoo!ショッピング、Amazon、楽天市場を始めとしたECサイトを利用していると、それぞれに付いている機能で分析ツールの重要性に個人様や企業様も気づいてくることでしょう。

しかし、その分析ツールを間違って利用している、またはキチンと把握しないで利用していると、売上アップや集客アップには繋がりません。

そこで!

今回は、分析ツールの重要性についてご紹介します♪

さっそく見てみましょう!

データ収集だけが目的じゃない!分析ツールは集客アップや売上アップのヒントになります!!

さて、始めに申し上げますと、分析ツールの目的はデータ収集だけではありません。

今日は何が売れたとか、先週との売上の差は何%かとか、どこからお客さんが来ているのかなどの情報というのは、実は今後の集客や売上アップのヒントに繋がっています。

例えば、元々は中年男性向けに販売しようと始めた商品が、何故か若い女性に売れる確率が高いような気が……という感じで最初に思い描いたペルソナと実際のお客様層が異なっている場合って、ECサイト運営をしていると少なからず起きることですよね。

その場合は一度分析ツールで、これまでのお客様の年齢を洗い出してみたり、戦略を練り直す必要も少なからずあります。

ですが、ここで分析ツールが機能しなかったら元も子もありませんよね。

「分析ツールとはデータ収集だけが目的じゃない!」

そう言った意味がこれでお分かりになることでしょう。

また、分析ツールにはお客様の年齢や性別だけでなく、どこから遷移してきたか?なども分かる機能もあったりしますので、今後の集客アップや、売上アップのヒントになっているとも言えます。

これで分析ツールの重要性はお分かり頂けたことでしょう。

では、どのように分析ツールを利用するのが賢いのか、次の見出しでご説明します♪

ECサイト運営において分析ツールは重要!賢い使い方について

分析ツールは、ECサイトの成績やお客さんの行動を調べるのに役立つツールです。分かりやすく説明すると、分析ツールはまるで探偵のようなものなんです!

例えば、お店を経営していると、お客さんがどんな商品を見たり、買ったりしているのか知りたいですよね?

そこで、分析ツールが登場!

分析ツールはお店のカメラや記録帳みたいなもので、お客さんの行動をチェックしてくれるんです。

分析ツールの賢い使い方は、次の3つです

1.商品の人気を知る

分析ツールは、どの商品が一番人気なのか教えてくれます。例えば、「Aさんがたくさんこの商品を見ているね!」とか「Bさんがこの商品をたくさん買っているよ!」という情報が分かるんです。

つまり、商品の人気を知ることで、その商品を主力商品にしたり、その商品をメインとしたセット商品を新たに作ることで、更なる販路を開くこともできるのです♪

2.広告の効果を見る

お店が広告を出したとき、分析ツールはその広告がどれくらいの人に見られたか教えてくれます。そして、広告を見た人が実際に商品を買ってくれたのかも分かるんです。これで、広告がお店にどれくらいのお客さんを呼び込んでくれたかがわかりますね!

広告の効果を知ることで、その広告の使い方の正否も分かります。それにより、今後はどのような戦略を立てて広告を出していくべきかなども分かるようになります。

また、様々なところに広告を貼り、分析ツールでどこからきたか分かるようにしておくことで、ここはどれだけの集客があったから次はこういった戦略を立てよう!という計画も立てやすくなります。

3.お客さんの欲しいものを知る

分析ツールは、お客さんが何を探しているかも教えてくれます。例えば、「たくさんの人がこの新しい商品を検索しているね!」とか「この季節に人気の商品はこれだね!」などの情報を教えてくれるんです。お客さんのニーズに応えるために分析ツールを活用する!

そうすることで、お店側は何を出せばニーズに応えきれるのかが分かるようになりますし、集客・売上アップにも繋げやすくなるんです♪

分析ツールを上手に使うことで、お店の経営に役立てることができます!

大切なことは、分析ツールが教えてくれる情報をよく見て、お店をどう改善していくか考えること。これで、お店がもっと盛り上がるかもしれません♪

まとめ

「ECサイトに存在する分析ツールの重要性について!」という内容で

今回はご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

今まで気にしていなかったけど、考えてみると重要かも……と思っていただけたら幸いです♪

また、Yahoo!ショッピングやAmazonや楽天などのECサービス以外に、外部の分析ツールも存在します。特にGA4は扱いづらいですが、覚えると多くの機能が利用できるようになるので、気が向いたらお試しください♪

―――――――――――――――――――――

今回は以上です!

それでは、次回のトレンドサーチを、お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました